いつのまにか気付いたらできてる目元のしわは、老けた印象を与えてしまいます。

メイクで隠しても時間が経つとファンデーションがしわに入り込んでしまって、余計にしわが目立ってしまいます。

そんな見た目年齢を引き上げてしまう目元のしわの原因と改善法は何でしょうか。

目元のしわが出来る原因は加齢や乾燥

目の周りは頬の厚さの3分の1程度しかなく、皮脂の分泌がほとんどありません。

ちょっとしたことで肌が乾燥してしまって、目元にしわができてしまいます。

また、間違ったスキンケアやアイメイクも原因になります。

クレンジングや洗顔の時に目元をこすってしまうと刺激で目元にダメージが加わってしまいます。

元々デリケートな部分で肌を守る機能が弱い部分ですから、ダメージが原因で乾燥しやすくなります。

また、毎日のアイメイクやアイメイク用のリムーバーが影響を与えてしまうこともあります。

そして、加齢によって肌の水分を蓄えられなくなると肌が乾燥しやすくなり、しわを作ってしまいます。

また、年齢と共にコラーゲンの生成が低下してしまいます。

目元のハリや弾力を維持できなくなって、肌の土台が緩んでくっきりと深いしわが刻まれてしまいます。

小じわのうちにしっかり改善しないとどんどんしわは深くなりますから、気が付いた時から目元ケアを始めましょう。

乾燥によるしわ対策には保湿ケアが効果的

小さくて浅いしわは乾燥によって起こります。

年齢を重ねた方だけでなく10代や20代くらいの若い方でも小じわが出来る場合がありますから、しっかりケアをしていきましょう。

浅いしわは乾燥が原因ですから、保湿効果の高い化粧品でのケアが効果的です。

一番取り入れたい美容成分はセラミドです。

肌のバリア機能には欠かせない成分で、紫外線やほこり、ウイルスや細菌など、肌に良くないものが入ってこないようにガードしてくれます。

また、肌内の水分が蒸発しないように守る役目もあり、強力な水分保持力を持っていますから、乾燥しない肌になれます。

セラミドの次に取り入れたいのがヒアルロン酸とコラーゲンです。

化粧品ではおなじみの保湿成分で、表皮付近でしっかりと潤いを守ってくれます。

ヒアルロン酸は1gで6Lも水分を蓄える力があり、コラーゲンは表皮でヴェールのように潤いを守ってくれます。

これらの保湿成分が含まれた美容液やクリームなどで、しっかりお手入れしていきましょう。

加齢によるくっきりしたしわはコラーゲンが鍵となる

加齢によるくっきりと深いしわは乾燥対策だけでは改善されません。

年齢と共に肌のコラーゲン量が減少してしまったのが原因です。

コラーゲンが配合された化粧品でケアするのも良いのですが、肌内のコラーゲンは真皮という肌の奥の方にあります。

分子の大きなコラーゲンは真皮にまで到達しにくいですから、コラーゲンを増やしてくれる成分を化粧品で補ってあげるのが効果的です。

それがビタミンC誘導体やプラセンタ、レチノールなどの美容成分です。

これらの成分は全てコラーゲン生成を活性化する作用がありますから、肌のハリや弾力を高めてくれてくっきりと深いしわを薄くするのに役立ってくれます。

また、これらの成分は抗酸化作用に優れたものもありますから、老化の原因となる活性酸素をしっかりと抑え、若々しい目元を維持してくれます。

しわ対策とアンチエイジングの両方に役立つので、積極的に取り入れたい成分です。

保湿成分とコラーゲンを増やす成分の両方が含まれた美容液やクリームで、深いしわを薄くしていきましょう。

こつこつと毎日お手入れするのが大切

浅いしわでも深いしわでも、乾燥は一番よくないですから、しっかりと保湿ケアをしてしわをなくすよう努力しましょう。

また、くっきりとした深いしわでも、有効な成分が入った化粧品でケアすることで改善されていきます。

ローマは一日にして成らずで、毎日こつこつとお手入れを続けていくことが一番重要なポイントです。